トップオーナーの挨拶と店舗紹介ポルシェレース(富士SW)


 
2001年8月11日(土)、静岡県の富士スピードウェイで開催されたポルシェのレースに
釣工房もりたの鮎&FLY倶楽部メンバーがチームオーナー&ドライバーとしてエントリー!!

走行しながらチェックすることは山ほどある。コースの状況からレコードライン、ポスト(コース状況を指示する小屋)の確認、車の挙動からメーター類のチェックetc。川の流れと水棲昆虫のハッチを読み、ジックリとポイントを攻める釣りとはスピード感がまったく違う。長い間眠っていた本能が目を覚ます・・・。
プロレーサーを目指していた20代前半から8年ぶりのレース。緊張と不安が全身を包み込む。 午後の予選はいきなり雨。時速200km以上で疾走するマシンを操る手に思わず力が入る。
 
7月中頃、お店で雑談中に突然持ち上がったレース参戦の話が、この日ついに実現することとなった。
ポルシェオーナーの斎藤博さん(鮎師)とドライバーの金子孝行さん(フライマン)のペアで奏でるポルシェのエンジン音が、曇天の広がる富士スピードウェイの空気を切り裂き、マシンが時速200km以上で疾走する風景は、初めてレース場に足を運んだ者にとって極めて刺激的なものだった。
普段自然を相手にしているアングラーが、メカの結晶とも言えるレーシングマシンを操り、真剣にセッティング作業を進める姿には何か不思議な感覚を覚えたが、そんなレースを左右したのは「雨」という自然現象だった。
この雨により、前のグループの決勝ではマシン2台が全損クラッシュ。ドライバー1人が救急車で運ばれるというアクシデントもあったが、ドライバー金子さんの勇気とテクニックでレースは無事終了した。(ただ、滑る路面でスピンしたらしい・・・)

このHPは InternetExprolor5.0 以上で動作確認をしています
Copyright(C) 2001 fishing factory morita. All Rights Reserved.