トップFLY CLUBさようなら西山徹さん



 平成13年3月2日(金)、テツ西山の愛称で親しまれていた西山徹さん(享年52歳)が急逝されました。

 その西山さんを偲ぶ会として、同月24日(土)、東京都芝公園にある東京プリンスホテルにおいて「西山徹さんを天国に送る会」が開催されました。当日は、西山さんと親交の深かった各界の方々が参加されたパーティーに加え、一般の方を対象とした献花も行われ、多くの方が最後のお別れに訪れました。

 テレビや雑誌に多数登場していた西山さんは、メディアを通じて「釣り」というジャンルを世に広めた先駆者的存在の方でした。1983年にスタートした「THEフィッシング」(テレビ大阪)のフィッシングキャスターとしてご存じの方も多いと思います。その釣りは、大学時代に専攻していた魚類学に基づく理論的なもので、魚の生態という視点から釣りを考えるアカデミックな要素がある一方で、釣り人の生態という人間くさい側面からも「釣り」という遊びを論じ、その穏和な性格から数多くのファンに慕われる存在でもありました。そんな西山さんがご自身の著書の中で、「フライマンが病気になって医者も薬も効果がなかった場合、ライズを見せればどんな病気も一発で直る」と書かれていたことを思うと、何とも残念でたまりません。

 芦沢一洋さんに続き、フライフィッシング界の巨星がまた一人、逝ってしまいました。しかし、天国でお二人は仲良くフライロッドを振りながら、私たちフライマンを優しく見守ってくれているでしょう。その先人たちの残していった「想い」を、残された私たちが受け継いで未来へと伝えていかなければ・・・と思います。

 素敵な数多くの想い出をありがとう。そして、さようなら。西山さん。
 心から、ご冥福をお祈りいたします。合掌。(平成13年3月24日 記)

このHPは InternetExprolor5.0 以上で動作確認をしています
Copyright(C) 2001 fishing factory morita. All Rights Reserved.