トップNews Relearce第1回 Member's Meeting
■もりたFLY倶楽部 第1回 Member's Meeting 1999年9月26日(日)

 ===週刊ルアー&フライ ニュース 1999年10月22日号===
実釣会でレインボー連発
9月26日(日)、栃木県の上永野ルアー・フライフィールドで「もりたFLY倶楽部」の第1回メンバーズミーティング(実釣会)が行われた。この「もりたFLY倶楽部」は、本紙169号(9月17日付)で紹介した、足立区西新井にあるフライフィッシング(&アユ)専門店「釣工房もりた」で設立された、フライフィッシャーによる会員制クラブ。設立から1ヵ月経った現在のメンバー数は30人となっている。
当日は、台風の通過直後ということもあって晴天に恵まれ、各メンバーは日頃のキャスティングスクールの成果を確認するかのように、青空の下キャストを繰り返していた。使用したフライは、前週のタイイングスクールで巻いた自作のフライが中心で、#10〜#12のマラブーが目立っていた。

和気あいあいの1日
朝方は、黒系統にアタリが多く見られたものの、日が高くなるとオリーブ系にヒットが集中、パターンをつかんだメンバーは立て続けにグッドサイズのレインボーをヒットさせていた。
このメンバーズミーティングで目についたのは、メンバー同士の和気あいあいとした雰囲気。初心者のメンバーがキャスティングに苦労していれば、ベテランのメンバーが自分の釣りを二の次にしてマンツーマンでレッスンし、「当たり」のフライパターンをつかんだメンバーが釣果の少ないメンバーに「これなら釣れるよ」と自分のフライを渡すなど、みんなが一緒に楽しめるようなな場面が多く見受けられた。フライ歴が32年となる森田晴夫オーナーが掲げる「大きさや数を求めるのではなく、みんなが楽しめるようなクラブにしていきたい」という理想に、このクラブは向かいつつあるようだ。
午後3時から行われた表彰式では、ビッグヒット賞、レディース賞の贈呈に加え、ジャンケン大会も開かれた。また全員に参加賞も配られ、参加者は賞品とともに、楽しい思い出を持ち帰った。
なお、第2回は11月7日(日)に神奈川県丹沢のフリックで開かれる予定となっている。
※上位入賞者は以下の通り。
ビッグヒット賞=千代尚一(ヤシオマス53センチ)
レディース賞=千代明美(ニジマス32センチ)
▼問い合わせはプロショップガイド欄参照。

(1999年10月22日号第26面より全文抜粋)

このHPは InternetExprolor5.0 以上で動作確認をしています
Copyright(C) 2001 fishing factory morita. All Rights Reserved.