トップNews Relearce岩井渓一郎タイイングスクール
■岩井渓一郎 タイイングスクール 2003年2月2日(日)

 ===週刊つりニュース 2003年2月21日号===

 
岩井渓一郎氏が講義  タイイングスクール盛況
2月2日、東京西新井の本紙協定・釣工房もりた主催による「岩井渓一郎タイイングスクール」が足立区栗原のギャラクシティー(西新井文化ホール)第一会議室にて開催された。当日は遠く大阪からの参加者があったほか、聴覚障害者4人の受講生を含む19人が参加した。
スクールでは、とにかくたくさんの本数を巻くことが上達への近道であることを強調した上で、ホワイトボードを使用してフライのボディーバランスの取り方を講義。一方で、「どんなフライでも魚は釣れるけど」といった、岩井さん流のざっくばらんな口調は会場を沸かせた。

参加者にマンツーマン指導  フライの新しい楽しさを実感
この日のフライは盛期に威力を発揮するムネアカオオアリやバッタを模したパラシュートタイプが中心。タイイングの実演の後、参加者1人1人にマンツーマンで指導を行った。
なかでも聴覚障害を持つ参加者には、もりた夫人の手話通訳を交じえ、自らも手話を使ってアドバイスする光景が見受けられるなど、岩井さんの熱意をうかがえた。
午後5時、記念撮影の後に終了。参加者も岩井さんの人柄と含蓄を通してフライの楽しさを味わったようだ。
▼問い合わせ 釣工房もりたTEL.03(3896)2537番

(2003年2月21日号第52面より全文抜粋)

このHPは InternetExprolor5.0 以上で動作確認をしています
Copyright(C) 2001 fishing factory morita. All Rights Reserved.