トップNews Relearce第18回 Member's Meeting
■もりたFLY倶楽部 第18回 Member's Meeting 2002年5月19日(日)

 ===週刊ルアー&フライ ニュース 2002年6月7日号===
長野 太田切川C&R区間で実釣会
 5月19日(日)、長野県の太田切川C&R区間で「もりたFLY倶楽部」の「第18回メンバーズミーティング(実釣会)が行われた。
 太田切川に到着した朝7時には曇り空で絶好の釣り日和だと思われたが、前日に降った雨の影響で多少の濁りと増水気味。源流に駒ヶ岳を抱えるため、雪代が入った水温は一日を通して7〜8度と魚の活性は低く、ライズはほとんどなし。この時期に期待する「ドライでビシバシ」とはいかない、ちょっと残念な実釣会となった。
 それでも、過去にこの川で実績を積んでいるメンバーは、川の状態から判断して当日の攻略方法を変更。流心を捨てて反転流だけを攻めて午前中に爆釣となり、思うように釣果が伸びないメンバーをよそに、午後からは地ビールを片手に昼寝を決め込む余裕の姿も見られた。

 一方で、参加した11人の中には、管理釣り場で経験を重ねながら今回が本格的な自然河川のデビューとなるメンバーもいた。日頃鍛えてきたキャスティング技術とは異なる、流れる水面にいかに自然にフライを流すかという技術を実際に経験できたことが一番の収穫だったという。
 また、1年ほど前に名古屋に転勤したため実釣会にしばらく参加できていなかったメンバーが、わざわざ車を飛ばして太田切川に駆けつけてくれたなど、久々の釣り場での再会に盛り上がる場面も。
 お昼は河畔のビール園で地ビールとソースかつ丼に舌鼓を打ち、恒例のジャンケン大会も行われ、その後は活性が上がり流心から反応が出始めた太田切川を堪能し、日没まで十分楽しんで終了した。
▼問い合わせ 釣工房もりたTEL03-3896-2537
〈報告=釣工房もりた〉

(2002年6月7日号第25面より全文抜粋)

このHPは InternetExprolor5.0 以上で動作確認をしています
Copyright(C) 2001 fishing factory morita. All Rights Reserved.