トップNews Relearce岩井渓一郎フィッシングスクール
■岩井渓一郎 フィッシングスクール 2002年3月23・24日(土・日)

 ===週刊ルアー&フライ ニュース 2002年4月5日号===
川上エリアに12人が参加
3月23日(土)、24日の2日間にわたり、長野県川上村の千曲川において、釣工房もりた主催の「岩井渓一郎FISHING SCHOOL」が開催された。同スクールには12人が参加し、23日の午前8時に宿泊場所となる湯沼温泉に集合。簡単なあいさつの後、さっそく川へ向かいスクール開始となった。
最初に行われたキャスティング講習では、岩井さんが一人ひとりに教えていくというマンツーマンスタイルであったため、参加者の表情には興奮の色がうかがえた。また今回のスクールに参加した人の半数がろうあ者ということもあり、森田夫人の手話や、筆談による熱心な指導をする岩井さんの姿が印象深かった。

耳の不自由な参加者には手話や筆談を交え熱心な講習が行われた
この日の川上村は好天に恵まれたものの、八ヶ岳から吹き下ろす強風が影響して参加者も苦労した様子。それでも正午近くになると、対岸のテトラ付近でガガンボがハッチしはじめ、川のあちこちでライズが見られるようになった。ここでは岩井さんのデモンストレーションが行われ、対岸のライズへ正確なプレゼンテーションとドラグフリーのテクニックを披露すると、参加者からは溜め息とともに歓声が上がった。

エキスパートのテクに興奮した2日間
昼食を河原で済ませ、午後には釣り上がりによる実釣指導がスタートした。赤顔橋下流のエン堤下から一人ずつ岩井さんが付き添い、ポイントを指示。メイフライのハッチも始まり、魚の活性も上がっていた様子で、フライへのアタックも増え始めた。この日最初のイワナをキャッチしたのは桶川市から参加の杉本さん。型は小さいながら、岩井さんからもらったというCDCソラックスダンの16番で仕留めたうれしい1尾となった。
講習は日没まで続けられ、楽しく貴重な一日が終了。翌日も実践的なレクチャーが行われ無事終了となった。また、今回のスクールの模様は釣工房もりたHPでも紹介している。

▼問い合わせ 釣工房もりた TEL.03-3896-2537 HPアドレスhttp://www.ffmorita.com(iモードでもOK)

(2002年4月5日号第23面より全文抜粋)

このHPは InternetExprolor5.0 以上で動作確認をしています
Copyright(C) 2001 fishing factory morita. All Rights Reserved.