トップNews Relearce第16回 Member's Meeting
■もりたFLY倶楽部 第16回 Member's Meeting 2002年2月10日(日)

 ===週刊ルアー&フライ ニュース 2002年3月1日号===
当日のヒットパターン
ルースニングニンフ&ソストハックル◎
 2月10日(日)、栃木県の上永野ルアー・フライフィールドで、もりたFLY倶楽部の「第16回メンバーズミーティング(実釣会)が、ゲストも含めた17人の参加で行われた。
 当日は気温0℃、水温も終日4℃と低かったものの、ポイントによってはワンキャスト、ワンバイトとなるほど活性が高く、その日のパターンをつかめば釣果が望める一日になると思われた。特に反応が良かったのは、フライとタナのパターンをつかんだルースニングと、シンキングラインでソフトハックルをリトリーブする2パターン。流れのある場所でタナ1.5mをオリーブ系統のフラッシュバックニンフでルースニングにしたメンバーは、午前10時過ぎに立て続けに10匹近くを連続ヒットさせていた。また、ソフトハックルをリトリーブしたメンバーは、根掛かりを恐れずシンキングライン(タイプV)を15〜27秒カウントダウン後にスローリトリーブし、良型のレインボーを数多くヒットさせていた。

新井勝之さんが大物賞獲得
 そんな中、倶楽部メンバーの新井勝之さんが午前中にルースニングで60cmのヤシオマスをヒットさせ、大物賞を受賞した。
 正午からの昼食では、バーベキューハウス内でメンバーが持ち寄った各種食材に舌鼓みを打ながら、今年一年を展望する釣り談義に花が咲いた。昼食後はバーベキューハウス前で参加賞と大物賞、恒例のジャンケン大会が行われ、大いに盛り上がった。
 午後からは気温低下、キャストできる場所を探すほどの混雑によるプレッシャーの高さから魚の反応が次第に悪くなってきたため、午後5時過ぎに帰路につき無事終了した。
▼問い合わせは釣工房もりたTEL03-3896-2537。上永野ルアー・フライフィールドTEL0289-84-0736

(2002年3月1日号第7面より全文抜粋)

このHPは InternetExprolor5.0 以上で動作確認をしています
Copyright(C) 2001 fishing factory morita. All Rights Reserved.