トップNews Relearce岩井渓一郎タイイングスクール
■岩井渓一郎 タイイングスクール 2002年1月20日(日)

 ===週刊ルアー&フライ ニュース 2002年2月1日号===
「岩井渓一郎 タイイングスクール」
1月20日 釣工房もりた

 1月20日(日)、西新井の本紙協定・プロショップ釣工房もりた主催による「岩井渓一郎TYING SCHOOL」が足立区青少年センター第2会議室にて開催された。当日の定員は20人で、遠くは清水市からの参加者もおり同氏の人気ぶりがうかがえた。午後1時から岩井さんの挨拶でスクールがスタート。まずはタイイングの講義で、とにかくたくさんの本数を巻くことが上達の近道で、すべては力加減がフライの出来を左右すると説明。寿司の握り方は初めての人でもすぐ分かるが、その握り加減はすし職人のように数をこなしている人にはかなわないと、岩井さんらしい例え話で生徒さんを引きつけた。
 その後、春先の代表的なメイフライパターンの「パラダン」、「ソラックスダン」、「CDCダン」の伝授となった。イミテーション性より視認性と浮力に重点をおいた「パラダン」を、まず岩井さんが解説を交えながら巻き、黒板を使用してバランスの取り方なども分かりやすくレクチャーしていく。また生徒さんのタイイングでは岩井さんが全員をくまなく回りアドバイスする光景が見られた。
 その後は「ソラックスダン」、休憩を挟みイミテーション性に比重を置いた「CDCダン」をレクチャー。途中、ロッドとラインの関係についての話題で盛り上がるなど、あっという間に時間が経ち午後5時閉会。参加者には岩井さん自らの非売品のフライボックスが手渡され、記念写真を撮り終了した。

3月23日〜24日
中部地区の自然河川で岩井渓一郎スクール開催

 なお釣工房もりたでは、3月23日(土)〜24日(日)、中部地区の自然河川において、同店主催の「岩井渓一郎FISHING SCHOOL」を開催する。定員は15人(先着順)。料金(税込み・入漁料、宿泊代含む)¥3万2000。交通費は別途。申し込みはは同店へ電話の後、代金振り込みの確認後か来店時に払い申し込み。※ウェーダー、ベスト、ロッドなどは各自で用意。キャンセルの場合は返金不可なので注意。
▼問い合わせ 本紙プロショップガイド欄参照。

(2002年2月1日号第20面より全文抜粋)

このHPは InternetExprolor5.0 以上で動作確認をしています
Copyright(C) 2001 fishing factory morita. All Rights Reserved.