トップNews Relearce第15回 Member's Meeting
■もりたFLY倶楽部 第15回 Member's Meeting 2001年11月11日(日)

 ===週刊ルアー&フライ ニュース 2001年11月23日号===
和気あいあいと実釣&親睦会開催
11月11日(日)、栃木県鹿沼にあるK・S・F(川崎スポーツフィッシングフィールド)において「第15回もりたFLY倶楽部メンバーズミーティング」が開催され、メンバー・ゲストも含めた22人他、釣工房もりたのオーナー森田晴夫氏、ゲストにCAPSの飯塚氏が参加した。当日は午前7時過ぎに現地到着。朝方の気温は4度と冷え込んだが、天候にも恵まれ日中は16度まで気温も上がった。
同エリアの魚種はレインボー、イワナ、ヤマメ、ロックトラウト、ヤシオマス、ブラウン、イトウで、各自準備を整えて、思い思いのスタイルでフィッシングを堪能した。

マラブーに次々ヒット
森田さんは参加者を見届けた午前9時30分からドライフライで釣り開始。タックルは釣工房もりたオリジナルフライロッド8ft#4、リールはハーディーフェザーウエイト、ラインはDT4F、リーダーは9ftの4X、ティペットは5Xを4ftとし、フライはユスリカをイミテートした#14ドライフライを使用した。しかし、しばらくは反応がないため、#12、#18と大きさを替え、さらに#16ブラウン系のパラシュートでファーストストライクとなった。他の参加者も朝方はドライで出たが、水面下をマラブーで引くパターンでヒットに持ち込む人が多かった。その後、各自クラブハウスで昼食となり、倶楽部の仲間が和気あいあいと情報交換し、のんびりとした時間を過ごした。

また、当日はフライメーカーのCAPSの協力で、3〜6ピースパックロッド「ライトスタッフ・アビエイター・クレオール」が試釣用に用意され、参加者はロッドを振って自ら魚を掛けて体感。私も森田オーナーに手ほどきを受けてフライフィッシングを体感させてもらった。午前3時にはジャンケン大会で賞品が参加者に手渡され、ロッジの前で記念撮影し、午後4時45分に終了した。
なお、奥の深いフライフィッシングをはじめてみたい方は、ぜひ釣工房もりたに足を運んでみては。もりたFLY倶楽部に入会すれば初心者でも丁寧に、もちろん森田オーナーもキャスティングの練習から実釣まで面倒を見てくれるので心強い。
▼K・S・F TEL0289-65-8777、釣工房もりたTELは本紙プロショップガイド欄参照。
<岩下>

(2001年11月23日号第24面より全文抜粋)

このHPは InternetExprolor5.0 以上で動作確認をしています
Copyright(C) 2001 fishing factory morita. All Rights Reserved.