トップNews Relearce第14回 Member's Meeting
■もりたFLY倶楽部 第14回 Member's Meeting 2001年10月21日(日)

 ===週刊ルアー&フライ ニュース 2001年11月2日号===
福島・レジーナの森で開催
10月21日(日)、本紙協定・釣工房もりたが主催する「もりたFLY倶楽部」の第14回メンバーズミーティング(実釣会)が、福島県の羽鳥湖高原のレジーナの森フィッシングクラブで開催された。今回はゲストも含めた24人が参加、昨年に続きチャーターバスによる釣行で、朝7時過ぎに現地に到着。美しい紅葉と澄んだ空気に囲まれた中での実釣となった。
当日朝は気温が6度、水温10度と低かったものの、秋晴れに恵まれたため気温は上昇。それとともに魚の活性が高くなり、ドラグの音が周辺に響き渡ることもしばしばだった。

秋晴れの空にドラグ音が鳴り響く
ポンド全体の水深が浅いため、魚が岸際に付く傾向は昨年と変わっておらず、いきなり沖合にロングキャストする前に静かに岸際を攻めると効率よく釣果を伸ばせたようだ。また、沖合を攻める場合には、午前中は黒系のマラブーをスローリトリーブ、午後は白系で沈下速度の遅いフライをキャスト後、ラインでアタリをとる方法が好釣果につながっていた。
さらにドライへの反応は午前中よりも午後の方が良く、風により発生したさざ波の中に#8〜10のドライフライをキャストすると良型のレインボーが湖底から突進してくる姿が見られ、迫力のある釣りを楽しむことができた。
昼食後の午後1時から恒例のジャンケン大会が行われ、豪華賞品をめぐって熱戦が繰り広げられた。終了後は釣りに専念する人、併設されている温泉で汗を流す人など、各々がそれぞれに時間を過ごし、夕方4時半に東京への帰路に就いた。
なお、もりたFLY倶楽部では平成14年度の倶楽部メンバーも募集中だ。
▼問い合わせ 釣工房もりたはプロショップガイド欄参照、レジーナの森FCは管理釣り場ガイド欄参照。
<報告=釣工房もりた>

(2001年11月2日号第21面より全文抜粋)

このHPは InternetExprolor5.0 以上で動作確認をしています
Copyright(C) 2001 fishing factory morita. All Rights Reserved.