トップNews Relearce第10回 Member's Meeting
■もりたFLY倶楽部 第10回 Member's Meeting 2001年2月25日(日)

 ===週刊ルアー&フライ ニュース 2001年3月23日号===
もりたFLYクラブ実釣会
2月25日(日)、栃木県の上永野ルアー・フライフィールドで本紙協定・釣工房もりた主催「もりたFLY倶楽部」の第10回メンバーズミーティング(実釣会)が、ゲストも含めた16人の参加で行われた。今回は、解禁直前のエリアフィッシングということもあり、メンバーにとっては本番直前の肩慣らしとなったようだ。
当日は気温-1度、水温も2度と低かったものの朝方は快晴に恵まれ、開始当初は魚が水面のフライに飛びつくほど活性が高く、釣果が望める1日になると期待された。しかしそうした高活性も最初の1時間ほどで、雪がちらつくような気温の低下とともに魚が深みに移動してしまい、システムをシンキングラインやマーカーに転換せざるを得なかった。

初参加女性に52cmヤシオマス
そんな中、日ごろは湖をメインフィールドにしているメンバーの高橋由二さんは、流れ込み付近でウーリーバーガーをリトリーブして30尾以上をヒットさせ、釣果を伸ばせずにいた他のメンバーから注目を集めていた。また、今回初めて夫婦で参加した岡村尚美さんが52cmのヤシオマスをヒットさせ、大物賞とレディース賞のダブル受賞を果たすなど、各自が楽しい時間を過ごせたようだ。さらに、数回前のメンバーズミーティングから、釣工房もりたに集う「もりた鮎倶楽部」のメンバーも参加するようになっており、FLY倶楽部と鮎倶楽部の交流も深まってきている。
正午からの昼食では、バーベキューハウス内でメンバーが持ち寄った各種食材に舌づつみを打ながら、今年1年を展望する釣り談義に花が咲いた。昼食後は、バーベキューハウス前で参加賞と大物賞、レディース賞の贈呈、恒例のジャンケン大会が行われ、フライボックス、リリーサーなどが進呈され、盛況のうち第10回メンバーズミーティングは無事終了した。
なお次回の第11回は、3月18日に小菅川への釣行を予定している。
▼問い合わせはプロショップガイド欄参照。
上永野ルアー・フライフィールドTEL0289-84-0736

(2001年3月23日号第27面より全文抜粋)

このHPは InternetExprolor5.0 以上で動作確認をしています
Copyright(C) 2001 fishing factory morita. All Rights Reserved.